生活習慣を見直して逆流性食道炎やがんにならないようにしよう

胎児に起きる脳の病気

医者

脳動静脈奇形は偏頭痛や耳鳴りなどの症状が出ます。これは動脈と静脈がつながり瘤のような形になる病気です。この瘤はナイダスと呼ばれ小さなものは経過観察を行います。大きくなったり破裂してくも膜下出血などを起こした場合は手術が必要です。

More Detail

骨矯正手術の新しい方法

カウンセリング

XLIFは間接的に骨を矯正するため、後遺症のリスクが低くなります。体力などに問題を持つ高齢者に人気の治療法となっています。しかし、新しい治療法なため取り扱っている病院・専門機関は多くありません。

More Detail

睡眠時の家族が心配なら

看護師

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まっている状態が繰り返される病気で、呼吸停止状態が繰り返されることにより起こる酸素不足を補うために脳や体に負担がかかります。いびきをかいたり、昼間に眠くなったりと、心配な方は一度専門医を受診してみてはいかがでしょうか。

More Detail

大腸がんの治療

病院

大腸がんの標準的な治療法は、腹部を開いて直接腫瘍を取り除く外科手術、外科手術のように腹部は開かず小さな穴を腹部に開けてそこから内視鏡と言われる医療器具を使い悪性腫瘍を取り除く内視鏡治療、抗癌剤を使用する化学療法、手術や内視鏡では取り除けない場所に放射線を照射してがん細胞を破壊する放射線治療があります。基本的には、これらを組み合わせて治療を行います。また、がん患者の症状やがんがどこまで進行しているかステージによって治療方法が決められます。ステージは0から4まで5段階に別れており、それぞれにあった治療法を行います。ステージ4は既に、リンパ管に転移したがん細胞が体中に転移をしている状態をしめしています。そのため、治療法は限られており放射線治療などは行われますが、患者の医師によって治療は辞め痛みの辛さからのケアだけを行なう場合もあります。転移が行われる前に、発見し治療することが完治へのポイントに成ります。

ステージ0とステージ1の比較的初期症状であれば、内視鏡治療で取り除くことが出来ます。お腹を着る必要もなく肛門から内視鏡の医療機器を入れ、大腸内の内部表面にあるがんを摘出することが出来ます。ステージ1~3は基本的に開腹手術と腹腔鏡手術になります。術後、病理検査などの結果によって転移などの可能性が考えられる場合化学療法や放射線治療が行われます。このように、大腸がんといっても進行度(ステージ)によって違います。大腸がんの発見が早ければ早いほど5年間の生存率は上がり完治する可能性が高くなってきます。少しでもお腹の調子や便意に変化がある場合はすぐに医者に診てもらうことが大腸がんの早期発見に繋がる可能性が高くなり、比較的身体に負担が少ない治療を受けることができます。医師に診てもらうと同時に毎日の生活を改善することも大切です。逆流性食道炎などの症状は生活習慣が原因になっていることがあります。がんと逆流性食道炎は意外にも共通している部分があるので、生活習慣を見直すことで予防にも繋がります。