睡眠時の家族が心配なら|生活習慣を見直して逆流性食道炎やがんにならないようにしよう

生活習慣を見直して逆流性食道炎やがんにならないようにしよう

睡眠時の家族が心配なら

看護師

毎日苦しそうにいびきをかいて寝ている家族が、時々息が止まっているように見えると、もしかして睡眠時無呼吸症候群なのではないかと心配になることはないでしょうか。最近テレビ番組や新聞、雑誌でも多く取り上げられるようになったこの睡眠時無呼吸症候群とはどのような病気なのでしょうか。この睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まっている状態が繰り返される病気で、具体的には、10秒以上気道の空気の流れが止まっている状態を無呼吸といい、その状態が一晩に30回以上か1時間に5回以上あると睡眠時無呼吸とされるのだそうです。睡眠中のことなので、このことに気づくことは大変難しいため、この病気だと気付かないまま生活している方がたくさんいると推測されています。

この睡眠時無呼吸症候群では、呼吸停止状態が繰り返されることにより酸素不足の状態になって、それを補うために脳や体に負担がかかり、日常生活の活動に様々な影響が出てきます。毎晩大きないびきをかいていたり、昼間にうとうとと眠気が襲って来たりというような方は、インターネットのサイトでも自分で睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるかどうかチェックできるようなサイトもありますので、そのようなチェックを受けてみてもよいでしょう。少しでも心配なことがあったら、一度専門医を受診して、検査を受けてみてはいかがでしょうか。耳鼻咽喉科か、睡眠時無呼吸症候群に対処している、頻繁に通うことが可能な病院を探して相談してみるとよいでしょう。